令和元年度(2019)事業計画

事業内容

ア. 地域の医療介護資源の把握

・ケアマネ用サービス資源一覧表を作成する。

イ. 連携の課題抽出と対応の検討

各部会で課題解決に取り組む。
・在宅医療連携部会 年6回開催(偶数月 第4木曜日 14:30〜15:30)
・医療介護連携部会 年6回開催(奇数月 第4月曜日 17:00〜18:00)

ウ. 切れ目のない在宅医療と介護提供体制の構築推進

病院から在宅への連携ネットワークを構築する。
・透析患者の在宅支援ネットワークをつくる。

エ. 医療介護関係者の情報共有の支援

・介護ノートの利用を促進する。
・ホームページの活用を図る。
・地域連携シートの利用を充実させる。
 「透析療養生活支援シート」「透析療養情報提供シート」
・在宅看取りパンフレットによる啓蒙活動を行う。

オ. 在宅医療・介護に関する相談支援

相談窓口での支援活動を行う。
・医師会訪問看護ステーションおよび地域包括支援センターにおける他機関との連携強化を図る。
・在宅での看取り相談

カ. 医療介護関係者の研修

【在宅医療部会主催】
・講演 日時:2019年6月7日(金) 場所:セントラルホテル鴨島
 「コマニチュード(認知症ケアの新しい技法)について(仮)」
 講師:本田美和子氏(国立病院機構東京医療センター)
・復習研修会 ストマケア、オムツの当て方等
【医療介護部会主催】5〜6回開催予定
・腹膜透析についての研修会
・認知症患者支援についての研修会
・復習研修会

キ. 地域住民への普及啓発

 出前講座の開催(自治会単位)
 「そこが知りたい在宅医療(看取り)」
 内容 (1) 在宅医療の講話 (2) 住民と参加スタッフとの座談会
 今年度実施場所 ・山川元木会館 ・鴨島喜来老人憩いの家
 参加スタッフ:医師、歯科医師、看護師、ケアマネ、薬剤師、管理栄養士
        理学療法士、社会福祉士、福祉用具相談員、吉野川市担当者

ク. 二次医療圏内・関係市区町村との連携

吉野川保健所および阿波市との連携強化を図る。
・退院支援の手引き活用推進
・連携に関するアンケート調査(6月・12月)保健所実施

会議の開催

・協議会 年3回 (4月25日、8月22日、2月27日)
・医師会担当者会議 年3回 (4月18日、8月8日、2月20日)

在宅医療介護連携の活動

吉野川市の枠組み

吉野川市における在宅医療介護連携拠点事業と在宅医療ネットワーク構築支援事業

現在
行政単位
合併前
行政単位
人口
(人)
医療連携
拠点事業
在宅医療
ネットワーク
構築支援事業
警察 消防
吉野川市 鴨島町 43,574 吉野川市
医師会
平成27年度
吉野川市医師会推薦
あおぞら内科
鈴木内科(敷地)
阿波吉野川
警察署
徳島
中央広域
連合
川島町
山川町
美郷村

吉野川市の人口推計(平成27年度〜平成37年度)

平成27年度
(人)
平成28年度
(人)
平成29年度
(人)
平成32年度
(人)
平成37年度
(人)
総人口 43,163 42,743 42,308 40,937 38,537
40歳未満 14,879 14,544 14,268 13,420 12,047
40歳〜
64歳
14,056 13,759 13,463 12,817 12,112
65歳〜
74歳
6,577 6,765 6,877 7,130 6,080
75歳以上 7,651 7,675 7,700 7,570 8,298
高齢化率 33.0% 33.8% 34.5% 35.9% 37.3%